Rとゴミ循環から循環型社会へつなげるゴミの情報サイト

>

ゴミの循環の失敗例であるプラスチックゴミの増加

循環型社会と3R

リサイクルをはじめ自然環境へと配慮した社会について論じられる際に度々登場する、循環型社会と3Rは、いずれもゴミの循環について考えるための基礎であり、両者の基本を押さえることがゴミの循環への理解を深める第一歩です。

まず、循環型社会ですが、ここで言う循環は地球から採取ないし採掘される天然の資源をリサイクルやリユースの形で再度利用し、資源としての継続利用を行うことを示すため、循環型社会とは天然資源のそもそもの消費を抑制すると共に、資源の循環サイクルを構築することを目指す社会であり、3Rは、資源循環における3つのRすなわち、資源を再資源化するリサイクル、資源を再利用するリユース、資源の消費自体を抑えるリデュースのことを指します。

ゴミの3Rと2R

ゴミの3Rは、日本国内でも現段階において概ね普及を終えており、真新しい概念ではありませんが、ゴミを再資源化するリサイクル、ゴミを再利用するリユース、ゴミの発生を抑えるリデュースのうち、日本で活発に行われているのは、ゴミを再資源化するリサイクルのみで、ゴミ循環の三本柱であるにも関わらず、3Rのうちのリユースとリデュースは未だ不十分で、リサイクルに偏重しているのが現状と言えるでしょう。

日本ではゴミの3Rのうちリサイクルが最も盛んなのですが、ゴミの循環にとってリサイクルは最も優先度が低く、むしろリユースやリデュースの方が優先されることもあってか、近年はリユースとリデュースの二つを指し、2Rとしてリサイクルを含む3Rよりも重点的に取り組むべき課題とすることも珍しくありません。


この記事をシェアする