Rとゴミ循環から循環型社会へつなげるゴミの情報サイト

>

2Rとゴミ循環における優先順位

なぜ2Rが優先されるのか

同じゴミの3Rでありながら、わざわざリサイクルを除く2Rとしてまでリユースとリデュースが優先されるのは、日本の場合、リサイクルへの取り組みが活発に行われているのに対し、リユースへの取り組みはほぼ進まず、リデュースへの取り組みもゴミに含まれる水分の除去によるゴミの総重量削減への取り組みに留まるなど、リユースは取り組み自体が不十分で、リデュースは数値を減らすための表面的な取り組みに過ぎないがために、循環型社会を目指す上で重要な天然資源の消費抑制が十分になされていないことに起因します。

つまり、日本のゴミ循環への取り組みは優先順位をはき違えていると言わざるを得ず、その齟齬を解消するために2Rが優先的に取り組むべき課題として捉えられているのです。

リデュースこそ最優先されるゴミ循環の要

ゴミ循環において最も優先されるは、資源を再資源化するリサイクルでも資源を再利用するリユースでもなく、天然資源の消費自体を抑制するリデュースです。

なぜ、リサイクルでもリユースでもなくリデュースが最優先されるのかというと、ゴミ循環のサイクルが成立した循環型社会を目指す根本の理由が、地球の自然資源の枯渇や環境破壊による人間にとっての地球環境の悪化を避けることにあるからに他ならず、リサイクルで資源の再資源化を行うにしろ、リユースで資源を再利用するにしろ、既に消費された天然資源そのものを再生するわけでもないからこそ、天然資源の消費を抑え資源自体を減らし、ゴミの総数を減らすリデュースこそがゴミ循環にとっては肝心となります。


この記事をシェアする