Rとゴミ循環から循環型社会へつなげるゴミの情報サイト

>

循環型社会を実現するための3Rへの取り組み方

企業にとっての3R個人にとっての3R

ゴミ循環のサイクルを築き、循環型社会を目指すに当たって、3Rは不可欠なものですが、事業を行う企業と個人では、ゴミの排出量も排出理由も異なるため、当然その取り組み方も異なるのです。

企業には設計段階からリサイクルがしやすい設計を行い、リサイクルされた素材を用いて、リユースを想定した製品を開発し、回収後は再製品化を行うと共に、リデュースを考慮した、耐久性と整備性を両立するための工夫を製品に施しつつ、省資源や簡易包装を製品に反映させていくことが求められる3Rとなります。

個人なら、リサイクルのためにゴミの分別に取り組み、ゴミのうちリユース可能な不用品を売却ないし回収に出し、リデュースのためにゴミの排出量つまりは資源の消費を抑制する事が求められるでしょう。

個人で取り組み可能な3R

循環型社会の成立にはゴミ循環が不可欠であり、ゴミ循環の円滑化には、企業による3Rへの取り組みはもちろん、個人による3Rの取り組みも欠かせませんが、ゴミの分別による資源の再資源化であるリサイクルの円滑化やゴミのうち不用品を売却・回収するなどの形で再利用するリユースのように分かりやすい取り組みならともかく、資源の消費を抑制しゴミの排出量を削減するリデュースともなると、どのように取り組めばいいのか分からない方もおられるはずなので、個人でも可能な3Rへの取り組み方を例示します。

個人による3Rは、リサイクルなら地域の資源回収が主で町内会等に所属していれば比較的容易に取り組み可能で、リユースもレンタルサービスやリサイクルショップを利用する形で果たせ、マイバックを使用し生活必需品を含め必要なものを必要なだけ購入するよう心がけ、調理で生じる不可食部位の削減を試みることがリデュースにつながるでしょう。


この記事をシェアする